« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2013/05/26

田中れいな卒業記念日

モーニング娘。コンサートツアー2013春ミチシゲ☆イレブンSOUL
田中れいな卒業記念日

かな~り日が経ってますので思ったことを。

誤字脱字チェックして無いのでお許しを。


セットリスト

M1.この世に真実の愛が一つだけあるなら/LoVendo Я(ラベンダー)
M2.たどりついたらいつも雨ふり/LoVendo Я(ラベンダー)
M3.君さえ居れば何も要らない
M4.Help me!!
M5.ワクテカ Take a chance
M6.ブレインストーミング
M7.大きい瞳
M8.笑って!YOU/9&10&11期
M9.What's Up?愛はどうなのよ?
(M10?M14メドレー)
M10.笑顔YESヌード
M11.女が目立って なぜイケナイ
M12.なんちゃって恋愛
M13.気まぐれプリンセス
M14.哀愁ロマンティック/道重&譜久村
M15.Rockの定義/田中(ダンス:鞘師&佐藤)
M16.トキメクトキメケ/道重&譜久村&生田&飯窪&石田)
(M17?M22メドレー)
M17.Ambitious!野心的でいいじゃん
M18.泣いちゃうかも
M19.恋愛ハンター
M20.Only you
M21.みかん
M22.彼と一緒にお店がしたい!
M23.One・Two・Three
M24.ドッカ?ン カプリッチオ
アンコール
EN1.キラキラ冬のシャイニーG/田中れいな
EN2.Happy大作戦
EN3.シャボン玉


蒲郡・名古屋時に感じたLIVE時間の短さは不思議と感じなかった。
まっ、実際公演時間自体長いんだけどww

通常公演ともセットリストが変わってるって事もある。
メドレーを2パターン持ってきたのも正解だね。
通常だと、カップリング曲が大部分を占めてたわけだから、れいなのラストらしく最後のパフォーマンスを堪能してくださいといったところでしょうか?

アンコール時のれいなのソロ曲が”キラキラ冬のシャイニーG”
季節感無視かよって正直な感想w

最近のソロ曲だと”涙一滴”があるわけだけど、今回の卒コンの全体の雰囲気を考えればシャイニーGで正解!

で、最後の最後に"シャボン玉”
もったいぶりやがってww

この曲をやらないで、娘。れいなは語れないからね。
みんな待ってましたとばかりの♪愛する人は”れ!い!な!だけ!♪

間違いなく一番大きな声援だったな!
これの為に武道館へ行ったといっても過言ではない!はちょっと言いすぎ?w

(卒業セレモニー)

これをれいならしいと言うのかわからないが、後輩達の涙のコメントとは裏腹に終始笑顔と言う感じ。
実際は涙したいのかもわからないけど・・・。ひょっとしたら今まで涙とは無縁?のキャラだったから、最後までそれを演じきったのかもと思ったりも。

まーちゃんかられいなへの卒業コメント
おそらくほとんどのヲタが泣きじゃくってコメントにならないのでは?との予想を覆し終始笑顔で。
まーちゃんの”泣かないって決めたんで”と言う言葉が逆にヲタの涙腺を刺激しますわな。

ただコメント終わった後、どぅーにもたれかかって泣いてる姿を見て、またオサーンの涙腺を刺激。
よく頑張った!

個別握手会でのおいらのトラウマなどどーでもいいぜ!許すw

卒業する本人が涙をほとんど見せなかったのはよっすぃ~の卒コン以来かな~と振り返るヲタ歴の長~いオサーン。


(サブリーダー就任)


卒業するれいなから唐突にサブリーダー発表!
フクちゃんとはるなんの2人サブリーダー体制に。

娘。ヲタなら誰しも気になっていた次期リーダー。
キャリアで行くなら、フクちゃん。
年齢でいくなら、はるなん。

2人サブリーダー体制で今回は玉虫色の決着?

将来どちらがリーダーになっても問題は無いんですけどねww

(これから)


初期娘。のマザーシップだった、安倍なつみ。
ラブマ以降の黄金期を支えた、後藤真希。
圧倒的な歌唱力と表現力の、高橋愛。

といったメンバーが卒業するたびにその後の娘。を心配する声が少なからずあるわけだが。

しかしその心配は不思議と必要が無かったものになってる。

メンバーチェンジを繰り返すたびに、本当にまた違った魅力を携えてパワーアップしてくる、とんでもないグループそれが、”モーニング娘。”なんだなと。


そして田中れいな
プラチナ期でほぼ、愛れなツートップのボーカルが続いてる時の閉塞感が結構、嫌だったと言うことを何かの記事で読んだことが。
何か刺激や高い壁があればあるほど燃えるタイプなんでしょうな。
これからLovendoЯという新たな活躍の場を得て、ますます魅力的になって成長し続けていくんでしょうね。

(余談)
グッズ列を甘く見ていたこともあり、ミチシゲ☆フォトSOUL買えず…。
DVDマガジン48でのミチシゲカメラマンの腕の良さを見るたびに買えなかった悔しさが…ww

当日の会場では全く思わなかったんだけど、
アンコール時の、一面青いサイリュウムの写真を見ると、ホタルイカが発光してるのに見えてしまう残念な富山県人…


« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

mokkaの気まぐれ動画

  • わがまま 気のまま 愛のジョーク

娘。ソロ作品

無料ブログはココログ