« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/26

高橋愛主演!

ここのところ本当に不定期更新に陥ってる本Blogですが、皆様どうか見捨てないで下さいませ。

不定期更新ゆえ、情報の新鮮度が落ちていることは言うまでもありませんが、ここはやはり、高橋愛さん応援Blogと
うたっている以上は、やはりこの話題を優先せねばなるまい

やってくれましたよGYAO!!
7/2から「道徳女子短大 エコ研」がスタート!
第一回目の主演は我らが「高橋愛」ですよ。
主演と来ましたよ、ブレーメンのドンキーも主演と言えば主演ですが、正真正銘の主演です。
さっき予告見てきましたが期待が膨らむ膨らむ、待ちきれない。

そしてなんと主題歌を高橋愛名義で担当ときたもんだ!
予告で1分ほど聞いたけれどもミディアム系で高橋愛を表現するにはぴったりの曲とみた!
ちなみにタイトルは「夢から醒めて」

ハイ、即購入決定!です。
……えっ?CD発売未定で、何何DL販売?

惜しい、1高橋愛ファンとしては、やはり愛ちゃんがジャケットに登場したパッケージごと欲しいんですけどね。
それでも一応購入できるみたいですから良かった。

今から7/2が待ちきれない!
予告はこちらから

2006/06/20

「Ambitious!野心的でいいじゃん」買いました。

「Ambitious!野心的でいいじゃん」買いました。

もちろん初回盤のDVD付ですよ、はい。

差し替えジャケットとは聞いていましたが、出荷時はれいなのアップですね。
知らん人がみたら、田中れいなwithモーニング娘。かと思うかも(まぁ、知らない人は田中れいなの名前すら出てこないんでしょうけど…

TVとかで見るとれいながセンターですからこれはこれでいいんでしょう。

でも正直、一般層にもということを考えれば、差し替え用の10人Verでもよいのかなっと思ったり思わなかったり。

ほんでもってお家に帰ってジャケットをれいなから愛ちゃんに変えてみたりして、にやついてる今日この頃。

さてDVDでも見るとしますか。感想は後日にでも。

2006/06/15

GAM結成!

松浦亜弥×藤本美貴 新ユニット『GAM(ギャム)』 結成!

ついにハロプロ最強ユニットの登場ですか。
ほんでもって、デュオ名のGAMは、Great Aya & Miki(偉大なる亜弥と美貴)の略で、英語のスラングで「脚のきれいな女の人」という意味があるらしい。

ふむふむ、確かに写真の二人の脚線美はすごい!
個人的には更に、初期の松浦さんのへそだしでもあれば、なお最強と思ったり、思わなかったり。

まだビジュアルだけのお披露目ですが、曲がどんなもので来るのか期待しましょう。
(でも発売3ヶ月後とまだまだ)

2006/06/06

「ガラスのパンプス」買いました

でも、どこを探しても、シークレットライブのお誘いが無いのよ、これが。

ということで、もう一枚買いました。

でも、どこを探しても、シークレットライブのお誘いが無いのよ、これが、また。

ということで、もう一枚買おうかなと考え、やっぱやめました。

計2枚購入し当たらず。
まっ、当たっても平日だし、どうせ会社の上司は有給くれないし、行けなかっただろうなと、ひとり自分を納得させてます。

いや~、でも行きてぇーなぁ、シークレットだもんな!

2006/06/04

遅ればせながら参戦記

大変遅くなりましたが、HPP富山公演のレポです

OPの好きすぎてバカみたい、未来!「幸福」とのっけから飛ばしてつかみはOKと言った感じでしょうか。

MC後藤・辻
辻ちゃん親指に「チ」シールのついたキャップをはめて「チッチッキチー」を披露するも「チ」マークが客席に向かず不発。
辻ちゃん曰くMC中に仕込んでいるのが前列の人にばれてあせった為と釈明
若干逆ギレ気味に開き直る辻ちゃん素敵です。

一切合切~からの美勇伝。はっきりいって、衣装に釘付けですわ。
曲ももちろん聴いてるんですけどね。今回のステージ衣装は水着と言っても
過言ではないものがありますね。
唯ちゃんの胸元が特に気になるオイラです。

MC後藤・石川
新潟公演で疲れ果てたごっちんはホテルに帰ってほとんどすぐにベットに倒れるように眠りについたそうで富山への移動中もほとんど爆睡。
一方石川さんはそれまで6Pまでしか読んでいなかった「GOAL」の小説を読み倒して、移動中も読み読破してしまったそうな。そしてその本は今からごっちんに貸すそうで。

はてさてごっちんが読み終わるのはいつになるのかなと考えるmokkaでした。

ほんでもって辻ちゃんのドッキドキLOVEメール
ピンクの衣装が非常に可愛いですな。
ここで書いてたかどうか定かではありませんが、実は愛ちゃんが加入する前は辻ちゃん推しだったわけで、非常に感慨深いです。
結構、歯止めのきかない元気な無邪気さが好きだったわけですが、辻ちゃんにはいつまでもそうあって欲しいと思ったりなんかしたりして。
そういう意味ではこの曲のチョイスは良かった。

その後、涙が止まらない放課後・大阪恋の歌・恋INGとなるんですけど、ちょっとノリ辛い曲の連投の気が。
大阪って意外とサイリュウム振るにしても何かあわせ辛くないですか?俺だけ?
さらに辻&美勇伝による詩の朗読。
ちょっとオイラ的には長すぎるように感じますが…。
ダレちゃいそうでしたよ正直。
でもその分その後の、愛の園では一気に爆発させることが出来ましたがね。

ごっちんゾーンへ突入
聞かせる「スッピンと涙」からノレる「今にきっと In my life」までごっちんの魅力をたっぷりと見せてくれます。

そして噂の新曲「ガラスのパンプス」の披露ですけど。
すばらしいの一言。
PVで見てはいましたけれども、生で見るのはやはり迫力が違いますよ。
曲もさることながら圧巻はごっちんのダンスですわ。
キレまくってますよ、正直もうハロプロの枠を超えてますよ。
かつ、ほんといい感じに大人の女性に変貌していってます。

もう世間的に倖田来未=エロカッコイイになってますが断固として
それを否定させていただきます。
後藤真希さんがNo.1でしょう。

ガラパン後は休むまを与えないほどの曲の連発でおっさん他2名
体力的にやばかったです。

EN曲前のMC
ごっちんが、今日のLIVEの最初の方、髪を両結びにしていて気分は16歳といえば、
石川さんが髪を切って、カチューシャをして気分は中学生!と対抗すると
ごっちんは「負けません!」と強く反論!

でもその後の岡田さんの発言「でも本当に一番若いのはわ・た・し」
の一言で爆笑。
でも1人苦笑いしている三好さん。一番歳上なんですよねこのメンバーでは。
石川さんと2ヶ月しか違わないのに微妙ですね。
でもトークのコンビネーションは抜群ですね

ENも「原色~」と「手を~」で盛り上がり終了

約1時間50分、楽しい時間を過ごさせていただきました。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

mokkaの気まぐれ動画

  • わがまま 気のまま 愛のジョーク

娘。ソロ作品

無料ブログはココログ